2005年05月16日

☆お弁当☆

小学生・中学生と、ずっと給食だったから、お弁当の日はすごく嬉しかった(^-^)

わたしの母は料理上手。いつでもおいしいお弁当だったから、輪をかけて楽しみだった♪

それもね、いいのか悪いのか、わたしの母は嫌いなものを食べさせる事はなかったの。

もっとも嫌いな食べ物がほとんどないから、嫌いなものを無理矢理!って思い出もないのだけど、特にお弁当には“大好きなもの”だけしか入ってなかったの♪

さすが母親だけあって、わたしが「おいしい」「好き」って言ったものはものすごい記憶力で覚えていた☆

どの家庭でもお弁当の日は、こんな感じで、お母さんが、好きなものをいれたり、色とりどりの可愛い飾り付けをしてきたり、頑張っていた。

でも小学生E年生のころの同級生のU君はちょっと違っていたの…。

U君の両親は共働きで、お弁当を作る時間がなかったみたい(;_;)

うちも、共働きだったし、ほかにも共働きで、時間がないお母さんは沢山いたけれど、おにぎりとか、せめて市販のお弁当は持ってきていた。

でもU君はなんと毎回“カップ焼そば”だった。

いまでは私たちの“得意料理”のカップ焼そばだ(@_@;)

U君のお母さん、お弁当の朝はお湯をわかして、ポットに入れて持たせてくれるって言ってた。

初めて見た時はびっくり!おうちに帰って、すぐ母にその事を話した。

そして次の私のお弁当から大好きな手羽の甘辛煮が@本増えた♪

それはU君の分で、Uくんは次のお弁当からペヤ〇グの蓋に、私からの手羽以外にもたくさんの“おすそわけ”のおかずが乗ることになりました(^-^)
焼そば、好きだから平気なのに。
って言いながら、U君は 明るくわらって焼そばの蓋に乗りすぎた“おすそわけ”をいつも嬉しそうに食べていました☆
それをみてクラス全員笑ってたな。


中学生になると、クラス全員で食べることもなくなり、好きな人とグループを組んで食べることになるの。

ある日『今日一緒にお昼を食べない!?』
なんとっ!私は憧れの先輩にお弁当を誘われた!

緊張しちゃうけれど、もちろんOK!

友達の視線を感じながらお弁当を持って教室を出る。そして先輩の教室へ…!!
机を向かい合わせにして、さっそくお弁当。
今日は何かなー!?

蓋をあけて覗いて愕然(;_;)
いつも通り色とりどりのおかずに、可愛らしいノリ弁当。

でもね、ノリの上にあるこれは、お母さん、何ですか!?
私の目に間違いがなければ“めざし”そして、“新生姜”じゃありませんか??

…(;-_-+

開けられません。

お弁当に蓋をして隠して食べる人、なんでだろ〜♪
と、思っていたけど、今日は隠させてください。

とにかくお弁当に生姜はともかく“めざしの干物丸ごと一匹”を先輩にだけは見られたくない!

先輩の視線を必死で蓋でディフェンス!
当然話もうわの空…私の憧れの人とのお弁当の時間は終わりました(;_;)

おうちに帰って母を呼び出す。『今日、なんでめざしなんて入れたの!?(怒)それから新生姜もっ!お母さんの馬鹿!先輩に誘われたのに、お弁当見せられなかったじゃん!エーン。』

母『だって好きでしょ?それにおいしいから毎食食べたいって、あなたがおととい言ったんじゃないのー!忘れっぽいわね。アハハ(笑)』

…お母さん。確かに私はめざしも生姜も好き。

でもね、あれから先輩にお弁当を誘われる事はA度となかったよ(T_T)

posted by 葵&夏奈 at 23:38| 埼玉 ☀| ふたりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。