2005年06月05日

☆夏奈の物語☆〜麻雀荘開店記A

葵ちゃんに『お店をやろう!』と、誘われた日からオーナーを交えて会うまでにはそう長い時間はかからなかった。

私の気持ちも固まっていたし、葵がすでにオーナーに、大筋の事は話をしてくれていたから、3人での話し合いはわりとスムーズだった(^-^)


お金の面から、権利の件まで、葵とふたりで細部まで話し合っていて良かった!
オーナーとの難しい話も想像以上に早くに終わったし♪

話し合いを終えて私は少しホッとした。
いよいよ始まるんだな。そんな実感が湧いてきた!

 「麻雀のお勉強でもしようか?」
話し合いの後、オーナーの誘いもあって麻雀をすることになった。

 葵のお店に遊びにきたことはあったけど、麻雀を打った事はなかったし、私が麻雀を打ったことがあるのは同じレベルの友達のみ。後はゲームね(^_^;)

でも、当時のオーナーにほめてもらいたくって必死に麻雀をやってみせた。
『えっへん!私、役は大体わかりますから』ちょっと得意げに言ってみたりもした(笑)

でも、ふと見上げるとオーナーが不安げな表情を浮かべている…。

何?何で?

結局最後までほめてもらえず、もらえた言葉は期待とは正反対!
『そのうち覚えていくよ』だって(T_T)

 今考えればあたりまえだよね(;^_^A

でもね、当時の私は初心者すぎるあまり、麻雀とは百パーセント運のみだと思っていたし、当時本当に同時期におぼえた友達には負けたことがなかったの(^-^)

勘違いしても仕方ないよね…(笑)

後に麻雀にも実力というものが、あることを嫌というほど知ることになります…。

そんな様子を見たからかな?オーナーは私に1つ提案をした。
「雀荘で仕事をするのは初めてだよね?突然店を持つのは少し心配だね。麻雀荘の仕事に少しでも慣れるため、僕が経営するファンタジア閉店までの2週間。だった2週間しかないけれど、修業?においで!
残念ながらお給料は払えないけどね(;^_^A」

私はその言葉に甘えさせてもらうことにした。
その日から2週間、私は出来る限りというか、ほぼ毎日ファンタジアに通うことにした。

リニューアルオープンまでに、少しでも麻雀荘での最低限の仕事を頭にたたき込まないとな。自慢じゃないけど、物覚えはすごく悪いし、とってもとろい(笑)本当はもっと時間がほしかったのだけどそんな時間はないみたい…

それとともに、葵と2人で開店準備と話し合いも進めないと。

そして契約中のレースや撮影の仕事もある。

私の生活は一変してハードなものになった。

まだ都内にすんでいたから、今思えばファンタジアのある高坂までは遠いし、通うのもきつかったと思う。

げんに、寝不足からか、疲れからか、その両方からか、私はこの期間に、車を2回ぶつけた(;^_^A

素人にして麻雀を負けたことがない強運?を持った私は、かすり傷ひとつなかったけれど(笑)今でも車には当時の“勲章”がしっかりと残っています(笑)

そんなこんなで事故にまで遭っても、必死だし、楽しかったし、何も苦とはおもわなかった。

でも、ずっと通い続けるのはさすがに無理だな。
埼玉にかえろう。

こうしてもうひとつ私に、“引っ越しの準備”という仕事も増えることになったのでした…。


麻雀荘開店記(夏奈)Bへつづく…。
posted by 葵&夏奈 at 23:10| 埼玉 ☔| 麻雀荘開店記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。